節約術・お得活動

【時短】調剤薬局の待ち時間を減らす裏技!くすりの窓口が便利

訪問ありがとうございます。
より(@yorimichi_chie)です。

いっちー
いっちー
体調が悪い時に、病院で待たされて、さらに処方箋の薬をもらう待ち時間が辛いんだよな。
より
より
大人もつらいけど、子供の場合も、ぐったりしててかわいそうだな。
早く家に帰って、寝かせてあげたいなと思うわよね。
そんな悩みを解決してくれるアプリをご紹介するね。

 

種類3

調剤薬局の待ち時間の短縮に成功「くすりの窓口」

子供が産まれてから、病院に行く回数が増えたのですが、調剤薬局で処方箋を渡してからの待ち時間がとても苦痛でした。

病院は、予約システムを導入してくれるところも増えてきましたが、調剤薬局は、処方箋を渡さないと薬をもらえないので、待ち時間短縮は難しいだろうけど、何とかならないものなの?と毎回、不満もありました。

そんな悩みと不満を解決してくれたのが、EPARKくすりの窓口です。

EPARKくすりの窓口は、全国14661店舗(2019年11月時点)の薬局・ドラッグストアで利用できるので、とても便利です。

EPARKくすりの窓口を利用するようになってから、調剤薬局についたら、すぐに薬の準備をしてくれるので、待たされることがなくなりました。

無料で利用できるし、こんなに待ち時間の時間短縮につながるなら、もっと早くに利用しておけばよかったと、後悔したぐらいです。

 

くすりの窓口で処方箋ネット受付!

処方箋の薬をもらうには、処方箋を調剤薬局に渡してから、薬を準備してもらい、名前を呼ばれたら、薬をもらうという流れです。

しかし、EPARKくすりの窓口を利用すると、調剤薬局で薬の準備ができるまで、待つ必要がありません。

病院でもらった処方箋をカメラで撮影して、ネット受付してくれる調剤薬局に送信。

薬の準備完了連絡をもらってから、薬を取りに行けばいいのです。

薬が準備されるまで、一度家に帰宅したり、熱などがない皮膚科利用などでしたら、お買い物をすませたり、ランチしたり、公園で遊ぶこともできます。

自宅近くの薬局に受付しておけば、病院からの帰宅途中(移動時間中)に薬の準備してもらえば、時間の節約や二次感染の予防につながります。

 

くすりの窓口の使い方

処方せんの撮影

スマホやタブレットで処方箋(処方せん)の撮影をします。

ネットで送信

撮影した処方箋(処方せん)の画像を店舗に送信。

連絡が来る

薬の準備できると、店舗から、調剤完了メールが来ます。

受け取る

調剤完了メールが来たら、処方箋(処方せん)をもって薬局に行き、薬を受け取ります。

たったこれだけの作業で、調剤薬局での待ち時間を減らすことができます。

私は、近所のドラックストアに処方箋を送り、ドラックストアまでの移動時間と、食料品を購入してる間に、薬の準備をしてもらってます。

ぜひ、EPARKくすりの窓口を利用して、時間の節約につなげてみてくださいね。

 

EPARK窓口を利用する

 

くすりの窓口キャンペーン!アマゾンギフト券プレゼント

EPARKくすりの窓口から処方箋ネット受付を利用したら、アンケートに回答しましょう!

謝礼として、Amazonギフト券500円分、またはEPARKグループで使えるクーポンのいずれかをプレゼントしてもらえます。

キャンペーン参加方法
  1. キャンペーンにエントリーする。
  2. EPARKくすりの窓口から処方箋ネット受付を利用する。
  3. アンケートに回答する。

 

賞品は、応募が完了した月の翌々月末までにメールで発送されます。

登録したメールのチェックを忘れずに!!

 

エントリーはこちら

 

動画を見てアンケートを答えると、もれなく、アマゾンギフト券300円分、または、EPARKグループで使える1000円クーポンのいずれかをプレゼントしてもらえます。

 

キャンペーンに参加する 

ブログランキングに参加中

記事が参考になったら、応援にポチっとしてもらえると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク