旅行&レジャー

子供を連れておすすめだった熱海観光スポット!レポートブログ

いっちー
いっちー
この前の熱海旅行は、楽しかったね
より
より
まだ子供も小さいし、子供達が楽しめるところを選んでみたけど、大人も楽しめたよね。

この記事は、2019年3月に行った熱海旅行の1泊2日の旅行記です。

家族構成:父・母・6歳の娘・4歳の息子

マイカーなしでした

我が家の子連れ!旅行プラン

旅行スケジュール

一日目

ランチ → 食後のデザート → 旅館到着(プールで遊ぶ)

日目

熱海トリックアート迷宮館 → 熱海城 → アカオハーブ&ローズガーデン

 

クーポンを利用して、熱海旅行代を節約

我が家は、マイカーではなかったので、交通費代&入場料代を節約するために、熱海発見クーポンを利用しました。

熱海城入場料」+「アカオハーブ&ローズガーデン入場料」+「湯~遊~バス一日券」がついて、2100円です。

アカオハーブ&ローズガーデンの入場料が、1000円の時に行ったので、2700円→2100円になり、600円の節約になりました。

2020年2月現在では、同じようなクーポンは出ていないようです。

湯~遊~バスは、2020年4月平日、増便するので、利用しやすくなると思います。

詳細はこちら

 

熱海トリックアート迷宮館は、100円割引券を利用して、節約しました。

【最大100円割引クーポン】熱海トリックアート迷宮館 

\クーポンを利用して、レジャー代を節約しよう!/

H.I.S 熱海クーポン一覧

 

その他のレジャー代節約方法としては、じゃらんの遊び・体験予約でも、遊び体験などに使えるクーポンを配布してるので、上手に利用してみてください。

じゃらんにログインしないと、クーポン取得ページは表示されないので、必ず、ログインしてくださいね。

 

\ポイントもよく付与してくれ、クーポンと併用可/

じゃらんクーポンを取得する

 

熱海おすすめランチ

海鮮市場 漁屋

ちょうどお昼時に熱海駅に着いたので、腹ごしらえをしつつ、目的地の熱海プリンカフェ2ndに向かうことにしました。

 

ランチは、熱海プリンカフェ2ndと同じ通り(熱海銀座通り)にある、「海鮮市場 漁屋」で食べました。

 

店内の中には、水槽もあるので、料理がくるまで、子供達は、水槽を見て待つことができました。

価格はリーズナブルで、新鮮な海鮮料理が食べれます。

刺身以外にもてんぷらやフライなどもあるので、生物が食べれない小さいお子さんがいても大丈夫です。

 

ただ、名物!伊豆の海鮮丼は、メニューの写真には、うにが写ってたのに入ってなかったので、確認してみたら、日によって海鮮の種類が変わるそうです。

なので、海鮮丼は、なんの具材が入るか確認したほうがいいかもしれません。

うにが入ってなかったのは残念でしたが、刺身は、新鮮で美味しかったので、また熱海に行った時は、寄りたいと思います。

 

名物!伊豆の海鮮丼

味噌汁と漬物もついて、1,780円

ねぎトロ鉄火丼

味噌汁と漬物がついて、1,280円

 

海鮮市場 漁屋

 

熱海おすすめスイーツ

熱海プリン カフェ 2nd

外装も内装もインスタ映えして、プリンも美味しいと話題の「熱海プリン カフェ2nd

 

プリンを購入するまで、結構並び、子供は並ぶのを飽きてしまってたので、店内で販売されている、熱海プリングッズを見たり、写真を撮ったりしました。

 

手作りのインスタ映えするアイテムも置いてくれてましたよ。

 

内装も、お風呂グッズで装飾されてたり、壁一面にかわいいイラストが描かれています。

 

壁画イラストやグッズを使って、写真を撮ってる人が多かったです。

 

桶に入ってる、熱海プリンかわいい!

食感は、なめらか。味も、甘さを抑えたプリンとほろ苦い特製カラメルの相性ばっちりで、美味しかったです。

多い日には、3000本売れるほどの人気というのも納得でした。

 

熱海には行けないけど、熱海プリンを食べてみたい方は、ネットでも購入できます。

 

熱海おすすめレジャースポット

熱海トリックアート迷宮館

営業時間:午前9時〜午後5時(入場午後4時30分)

トリックアート迷宮館 熱海城 トリックアート+熱海城共通券
大人 900円 1000円 1600円
小・中学 450円 500円 800円
4〜6歳 300円 350円 550円

熱海トリックアート迷宮館 最大100円割引券

 

熱海城に隣接している「熱海トリックアート迷宮館

熱海トリックアート迷宮感は、見て・触って・撮ることができる体験型美術館です。

不思議で、面白い写真がたくさん撮ることができます。

 

ペンギンのお部屋のトリックアートは、写真ではなく、動画で撮ることをおすすめします。

人がおっきくなったり、小さくなったり、面白い動画が撮れます。

 

ぜひ、不思議で、面白い写真を撮って、旅行後も、写真を見ながら楽しんでくださいね。

熱海トリックアート迷宮館 

 

熱海城

営業時間:午前9時〜午後5時(入場午後4時30分)

トリックアート迷宮館 熱海城 トリックアート+熱海城共通券
大人 900円 1000円 1600円
小・中学 450円 500円 800円
4〜6歳 300円 350円 550円

熱海城 最大100円割引券

 

\\昭和34年に、静岡県熱海市の錦ヶ浦山頂に築城した「熱海城」は、歴史的に実在したものではなく、市街地や南熱海を一望できる観光のための城です。

観光のためというだけあって、他のお城とは、まったく違います。

旅の疲れを取ってくれる足湯や、子供が遊べる遊戯施設まであるので、大人から子供まで、楽しむことができます。

入口に入ると、大きなシャチホコがお出迎えしてくれたので、記念撮影。

 

6階 パノラマ展望台

地上43m、海抜160mからの360度パノラマ展望。

 

 

 

5階 江戸体験コーナー

江戸の衣装に着替たり、記念撮影ができます。

4階 江戸のなぞ絵・遊び絵

なぞ絵・遊び絵の展示コーナー。
6問の対象クイズを答えたら、1階の売店に解答用紙を提出してください。全問正解すると、熱海城オリジナル商品がもらえます。

3階 浮世絵・春画展

18歳未満は、入場できません。

子供がいたので、夫婦交互で入りましたが、一人でみるには、とても気まずくなり、早歩きで出口に向かいました。
とはいえ、子供が18歳以上で、家族でみたとしても、気まずかったと思います(笑)

2階

日本城郭資料館

すべて、マッチ棒で、制作した大阪城、名古屋城、姫路城、松本城を見ることができます。

1階

ジェット足湯

1階には、ジェット足湯や武家文化資料館、一風堂、お土産売り場などいろいろあります。

ただ、我が家の子供たちは、バルコニーのジェット付き足湯が一番興味を持ってました。
晴れた日には伊豆大島見渡しながら足湯に入ることができます。足湯入り口横にてタオルを1枚100円で販売しているので、タオルを持ってない場合も安心して、利用できます。

 

 

 

 

1階には、無料で使えるマッサージチェアコーナーもあるので、ジェット足湯のあとに、利用するのもよさそうです。

地下

無料遊戯施設

幼児が遊べるボールプールやトランポリン、小学生以上が楽しめるゲームセンターにあるようなゲームや卓球など、すべて無料で利用できます。

 

 

 

 

熱海城庭園

熱海城庭園では、イベントをしてることも多く、私が行った時は、小太郎君の猿回しが行われていました。

 

熱海城をバッグに、芸を見せてくれる小太郎君。

とってもかわいくて、小太郎君のファンになってしまいました。

 

熱海城庭園には、ヒルトップテラスというレストランがあります。

天気が良ければ、オーシャンビューを眺めながら、テラスでご飯を食べるのがおすすめです。味は、まぁまぁかな。

 

アカオハーブ&ローズガーデン

営業時間:午前9時〜午後5時(入場午後4時00分)

5/15~6/10以外 5/15~6/10
大人 1,000円 1,300円
小人 500円 600円

 

チケット売り場の横から出発するシャトルバスに乗ると、一番高いところへ連れていってくれ、徒歩で、12のガーデンを楽しみながら、チケット売り場に戻ってきました。

 

シャトルバスを降りて少し歩くと、日本庭園の中心には巨大な盆栽がお出迎えしてくれます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

アカオハーブ&ローズガーデンさん(@akaoherbandrosegarden)がシェアした投稿

 

COEDA HOUSE

そして、アカオハーブ&ローズガーデンの中には、私の一番のお目当てであった、COEDA HOUSE(コエダハウス)があります。

前面ガラス張りの平屋カフェです。

 

COEDA HOUSEの設計は、建築家 隈研吾氏です。

隈研吾氏は、東京オリンピックメイン会場の新国立競技場もしていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

樹齢800年のアラスカヒノキを49層積み上げ、建物の構造を支える柱は1500本使用。

木材に鉄筋を通して樹脂で固定する『拡張樹脂アンカー工法』を使用することで、建物内に釘が見えない設計になってて、本当に、素敵でした。

 

カフェ内で、熱海タルトフロマージュ・橙やバウムクーヘンを食べて、ほっと一息。

どちらもおいしくて、子供たちがほとんど食べてしまいました…(泣)

 

コエダハウス

空飛ぶブランコ

COEDA HOUSEの近くには、絶景の巨大ブランコがあります。

ブランコは、1台しかなく、時間制限がないので、かなりの人が並んでました。

ブランコに、並んでいると、湯~遊~バスの最終時間(16時38分)に間に合いそうになかったので、あきらめました。

子供たちが、コエダハウスで、スイーツを食べてる間に、主人か私のどちらかが、ブランコに並んでればよかったねと反省会しながら、ご家族で来ていたパパさんが、とても気持ちよさそうに、ブランコに乗ってたので、パシャリ!

青い空と青い海が、一望出来て、通称どおり、空飛ぶブランコって感じでした。

 

森のゲームコーナー

 

ガーデン内で伐採された木を使った手作りの森のゲームコーナーは、無料で遊べます。

ビー玉転がし、卓球、輪投げ、パターゴルフなど、いろいろな木のおもちゃがありました。

 

遊んだら、しっかり後片付けをして、帰りましょうね(笑)

 

 

スポンサードリンク