インテリア

ゲストの記憶に残るキャンドルリレー!マジックキャンドルの魅力

いっちー
いっちー
結婚式の演出の一つキャンドルリレーって、素敵だよね。
より
より
キャンドルの炎は、幻想的でホワッとあたたかい気持ちになるわよね。キャンドルのそのままの炎も素敵だけど、7色に光るマジックキャンドルもおすすめ。この記事では、マジックキャンドルの魅力について、お伝えします。

 

キャンドルリレーとは?

キャンドルリレーは、ゲストも一緒に参加できる結婚式の演出のひとつで、キャンドルの炎が会場全体に広がっていき、会場は、とても幻想的な雰囲気に包まれます。

欧米では、「キャンドルの数だけ天使が舞い降り、幸せになれる」という言い伝えがあります。

結婚式で行われるキャンドルリレーは、「新郎新婦の幸せをゲストに運ぶ」という意味と、「これからよろしくお願いします」という意味を込められています。

ゲスト全員のキャンドルが灯ったら、最後に全員で心を込めて、新郎新婦は、みんなの幸せを願い、ゲストは、新郎新婦の幸せを願いながら、炎を吹き消します。

 

キャンドルリレーの流れ

キャンドルリレーの流れは、いろいろありますが、ここでは、2通りをご紹介します。

ゲストの代表者スタート
  1. 新郎新婦が、両親や親しい友人から、キャンドルの火種を受け取る。
  2. 新郎新婦が、ゲストが座る各テーブルを周り、代表者のキャンドルに、火種を渡し、代表者から、隣に座ってる人へキャンドルリレーしてもらう。人数が少ない場合は、新郎新婦が一人一人に、火種を渡してもいいです。
  3. 全員のキャンドルの火が灯ったら、全員で、願いを込めて、キャンドルの火を吹き消す。

 

新郎新婦スタート
  1. 新郎新婦が、ゲストの代表一人(両親・親しい友人など)に、キャンドルの火種を渡す
  2. 新郎新婦から、火種を受け取った代表者が、隣のテーブルや隣に座ってる人へキャンドルリレーする。
  3. 全員のキャンドルの火が灯ったら、全員で、願いを込めて、キャンドルの火を吹き消す。

 

キャンドルの火を吹き消す前に、新郎新婦が、メインキャンドルに点火する場合もあります。

キャンドルリレー後に、フォトラウンドなど各テーブルを回る予定なら、新郎新婦は、各テーブルを回らず、テーブルの代表者に、隣のテーブルの代表者にキャンドルリレーしてもらうなど、状況によって、変えてみてください。

 

ちなみに、私たちが、行ったキャンドルリレーの流れは、

両親ゲスト仲の良い友人夫婦新郎新婦という流れにしました。

 

マジックキャンドルはどこで、購入できるの?

楽天など、通販ショップで購入できます。

おすすめなのは、ローズの形をしたマジックキャンドル。

 

楽天では、ローズのマジックキャンドルは、2種類販売されていました。

私が、利用したのは、インテリア備長炭「いにしえの炎」で販売されているものです。

Lサイズ(約W8.5×H5.5cm)と大きめなので、ゲストテーブルの装飾にも十分使えます。

燃焼時間は、5時間。

キャンドルが光ってる時は、とっても華やかなテーブル装飾になりました。

 

PIARY(ピアリー)楽天市場店で販売されている、ローズ型のマジックキャンドルは、

約W6.5cm×H4.7cmと私が、購入したマジックキャンドルよりは、一回り小さいですが、箱が可愛いです。

燃焼時間は、2時間。

 

キャンドルリレーの注意点

火がついてるキャンドルを持ってるゲストは、キャンドルのロウが垂れないように、キャンドルを水平を保ちながら、持ちます。

火をもらうゲストが、キャンドルを傾けて、炎のついてるキャンドルから、種火をもらいます

 

キャンドルの火を吹き消す時は、ロウが跳ばないようにそっと吹き消してください。

強く吹き消すとロウが飛び散り、やけどをしたり、衣服を汚してしまうことがあります。

 

キャンドルマジックのデメリット

キャンドルマジックのデメリットは、当日、LEDが付かないキャンドルがあるかもしれないということ。

ゲストが悲しまないように、予備を用意しておいたほうがいいでしょう。

LEDが付いてないキャンドルがないかを、スタッフさんに、確認してもらい、付かないキャンドルを見つけた場合は、予備キャンドルを渡してもらうことで、対応ができます。

私は、80個近くキャンドルを灯しましたが、運が良く、LEDが付かないキャンドルは無かったので、しょっちゅう起こるトラブルではないのかな?と思いました。

 

マジックキャンドルは、キャンドルの炎だけでなく、LEDで光るので、キャンドルを長い間楽しんでもらいたいと思い、私は、入場時にキャンドルリレーをし、謝辞の後にキャンドルウィッシュをしたいと考えてました。

ただ、キャンドルは、長時間つけていると、ロウが溶けてしまい、ゲストの洋服などにロウが垂れてしまうトラブルが考えられます。

冷めるまでは、お持ち帰りの箱に入れて、お持ち帰りができない可能性を考えると、ゲストにキャンドルを持って帰ってもらいたい場合は、お色直しで再入場し、会場のキャンドルに炎が灯ったら、すぐにキャンドルウィッシュをした方がいいと思います。

 

マジックキャンドルを利用した感想

一つ二つと、キャンドルの炎が増えるたびに、7色のLEDがゆっくりグラデーションで輝き、会場が華やかで、幻想的になります。

みんなで、願いを込めながら、キャンドルのを炎を吹き消すと、一瞬LEDの光だけになり、ゲストから、「わぁ~」という歓声が聞こえました。

そして、すぐLEDの光も消え、会場が真っ暗になったと思ったら、明るい音楽と共に一気に会場も明るくなり、そのままフォトラウンドにうつりました。

 

マジックキャンドルは、キャンドルリレーもしたい。

光る演出もしたいと考えてる方に、是非おすすめしたい演出です。

 

結婚式だけでなく、レストランの誕生日特典やクリスマスのイベントなどにも、使って欲しいと思いました。

スポンサードリンク