イベント行事

工房系ランドセルレポートブログ!【羽倉(HAKURA)】は、本革なのにお手頃価格

訪問ありがとうございます。
より(@yorimichi_chie)です。

いっちー
いっちー
そろそろ、我が家もラン活を始めないとだね
より
より
最近は、カラーバリエーションが増えて、悩んでしまうわね。
この記事では、羽倉(HAKURA)のランドセルに付いてご紹介です

 

工房系ランドセル!羽倉(HAKURA)のランドセル

羽倉(HAKURA)のランドセルを見に行きました。

鞄の街、豊岡市の伝統を受け継いでる、昭和38年(1963年)に創業した、伝統ある工房です。

シンプルで洗練された、大人もうらやむランドセルをコンセプトに、丁寧に職人の方々が作ってくれてます。

 

工房系ランドセル!羽倉(HAKURA)の魅力

羽倉(HAKURA)のランドセルは、オールハンドメイド

鋲なしフラップ

かぶせのところに、鋲が使われてないので、継ぎ目のない革の美しさを生かす、洗練されたデザイン。

これって、職人の技術が無ければ、できないことですよね。

 

高級バッグに使われるヘリ仕上げ『コバ塗り』

革の裁断面(コバ)は、ニスを塗り重ねて仕上げる「コバ塗り」をしています。

“塗っては磨く”を繰り返して丁寧にコーティング。

この工程があることで、強度も出て、年月をかけると、さらに艶が増すそうです。

HAKURAは、コバ塗りは、1回のみ無料補修をお願いできます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ランドセル/ 羽倉の手づくりランドセル(@hakura_randsel)がシェアした投稿

 

きざみ(菊寄せ)も、手作業でしかできない職人技。

 

工房系ランドセル!羽倉(HAKURA)のカラー

天然皮革で作られてますが、色の発色がどれも綺麗です。

また、子供が好きな色も、大人っぽいカラーを選択した、羽倉のオリジナルカラーになっています。

カラーも、最多22色なので、選択幅が広がります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ランドセル/ 羽倉の手づくりランドセル(@hakura_randsel)がシェアした投稿

 

HAKURAの男の子人気カラーは、ブラックやネイビー

HAKRAの女の子の人気カラーは、紫、レッド、ピンクだそうです。

 

工房系ランドセル!羽倉(HAKURA)の種類やデザイン

羽倉(HAKURA)のランドセル!人気シリーズ

耐性牛革スタンダード』『耐性牛革ウイングチップは、男女ともに毎年人気シリーズです。

 

耐性牛革ウイングチップは、かぶせ部分にアクセントをつけるために2枚張りになってるので、強度はかなり強いとのことです♪

 

エイジングコードバン

全部(フラップ裏は、人工皮革)、エイジングコードバンでできています。

エイジングコードバンは、馬の臀部からごくわずかにしか採取されない希少な革。

防水・撥水性、表面強度もしっかり考えられていて、使えば使うほど、革の風合いが出てくるのが魅力です。

 

羽倉(HAKURA)のランドセル!とよおか

職人の技で作り上げた豊岡の美しい自然をモチーフにしたデザインとよおか

個性的で目に付くデザインを探している人に、おすすめしたいランドセルです。

2021年に、新色も加わりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ランドセル/ 羽倉の手づくりランドセル(@hakura_randsel)がシェアした投稿

 

羽倉(HAKURA)のランドセル!オーダーメイド

2021年に新登場したオーダーメイドランドセル

メイン(20色)・サイド(7色)から選んだり、ステッチ(8種類)も選べます。

サイトからシミレーションもできるので、お子さんとイメージしながら、ランドセルをオーダーできます。

 

オプションで、ステッチアートを入れることもできます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ランドセル/ 羽倉の手づくりランドセル(@hakura_randsel)がシェアした投稿

 

持ち手も、2020年5月末までにオーダーランドセルをご購入の方に限り無料プレゼント!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ランドセル/ 羽倉の手づくりランドセル(@hakura_randsel)がシェアした投稿

 

工房系ランドセル!羽倉(HAKURA)の重さ

HAKURAのランドセルの重さは、人工皮革 はねかる(1250g)〜エイジングコードバーン(1455g)。

1455gだと人工皮革のはねかるに比べれば、200g程度重いです。

重さの数字だけで判断しがちですが、ランドセルは自分の肩にあってなければ、重さは軽くても、重く感じることがあります。

 

HAKURAのランドセルは、ベルトが根元から立ち上がり、肩の丸みに沿ってくれます。

肩や背中に感じる重さが分散される「ウィングセカン」を採用。

身体とランドセルの間に余分な隙間もできにくく、体感重量が軽く感じられます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ランドセル/ 羽倉の手づくりランドセル(@hakura_randsel)がシェアした投稿

 

まとめ

我が家は、2019年のランドセルを見に行きましたが、コバ塗りやきざみ(菊寄せ)仕上げなど、丁寧に作られているなと感じました。

また、カラーの種類も多く、発色もとても綺麗だったので、娘も、私たちも、気にいりました。

 

大マチの幅が120mm

 

A4フラットファイル(縦307mm×横230mm)が入る設計となっています。

1年生では、まだ身体も小さいし、夏休み前や後は、お道具箱や粘土など、持って帰るものが多いので、出来るだけランドセルの中に入るものが、ランドセルを選ぶ条件の一つに入ってきます。

 

中のデザインも可愛い。

 

最近では、ステッチや色など、様々なデザインが出てますが、年長さんの好みと、高学年の好みは、変わってくると思います。

カバーをつける子も多いと思いますが、HAKURAのランドセルは、どのデザインやカラーでも、高学年でも使えそうだなと感じました。

 

また、HAKURAのランドセルは、価格もお手頃。

人工皮革のはねかるのランドセルは、53900円。

耐性牛革スタンダードは、59400円。

一番高い、エイジングコードバンやとよおかでも、93500円です。

 

HAKURAの公式サイトはこちら

 

 

小学校入学準備はいつから?手作りグッズの作り方や購入品の紹介ブログ訪問ありがとうございます。 より(@yorimichi_chie)です。 【小学校の入学準備】説明会は、いつ頃行...

 

 

工房系ランドセル【横山鞄】もオススメです。

ランドセルブログ!【岐阜横山鞄】は、機能性が考えられていて背負いやすい訪問ありがとうございます。 より(@yorimichi_chie)です。 岐阜県民に長年愛されている【岐阜横山鞄...

 

 

ブログランキングに参加中

記事が参考になったら、応援にポチっとしてもらえると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク